ホンダと日本重化学工業が確立した、使用済み部品からレアアースをリサイクルプラントの量産工程で抽出するプロセスの概略図

ホンダは17日、日本重化学工業と共同で、自社製品の使用済み部品からレアアースをリサイクルプラントの量産工程で抽出するプロセスを世界で初めて確立したと発表した。

両社は共同で、国内のホンダ販売店や海外から回収した、使用済みのハイブリッド車用ニッケル水素バッテリーに含まれるレアアースの、リサイクルプラントの量産工程での抽出を、4月下旬より世界で初めて開始する。

従来、使用済みのニッケル水素バッテリーは熱処理を行い、ニッケル含有スクラップをステンレス原料としてリサイクルしていたが、今回、日本重化学工業のプラントにて抽出技術の安定化に成功。鉱山から採掘・精製したものと同等純度のレアアースを量産工程で抽出することが可能となった。

両社が確立したプロセスでは、使用済みニッケル水素バッテリーに含まれるレアアースを、80%以上の回収率で抽出が可能。ホンダは抽出したレアアースを、ニッケル水素バッテリーの他、自社製品に幅広く再利用することを目指す。また、同技術はニッケル水素バッテリーだけではなく、レアアースを含む他の使用済み部品からも抽出が可能で、ホンダは今後、さらなるレアアース再利用の拡大を図るとしている。