ホンダNC700S(グラファイトブラック)

ホンダは、新設計の水冷4ストロークOHC直列2気筒700ccエンジンを搭載した、二輪車の大型ネイキッドモデル『NC700S』を4月24日に発売する。

NC700Sは、「ニューミッドコンセプト」シリーズとして開発した3モデルの1台。エンジン、フレーム、ホイールは3モデル共通としながら、それぞれ個性的なスタイリングと味わい深い走行フィーリングを実現している。

エンジンは、低・中回転域での力強い出力特性に加え、燃焼効率の追求による低燃費化を目指し、理想的な燃焼室形状や低フリクション技術などを多岐にわたり採用。燃費は41.5km/リットル(60km/h定地走行テスト値)を達成している。

車体は、しなやかさと剛性を両立したダイヤモンドフレームを採用。また、燃費性能を高めたことで、燃料タンクを小型化しシート下に配置。従来の燃料タンク部には、フルフェイスヘルメットも収納可能な容量21リットルのラゲッジスペースを装備し、使い勝手を向上させている。

スタイリングは、シンプルでありながら、ダイナミックなプロポーションを実現。エンジンとフレームの機能美を際立たせながら、フロントからリアまで流れるようなフラッシュサーフェス処理を施した低重心フォルムとしている。

価格はスタンダードモデルが59万8500円、ABS装着モデルが64万7850円。

ホンダNC700S(マグナレッド) ホンダNC700S(パールサンビームホワイト) ホンダNC700S ホンダNC700S ホンダNC700S ホンダNC700S ホンダNC700S ホンダNC700S ホンダ・ニューミッドコンセプトシリーズ(左からNC700S、NC700X <ABS>、インテグラ)