アウディA6アバント《撮影 内田俊一》

新型アウディ『A6アバント』はアルミを多用し、大幅な軽量化を実現している。

今回のモデルチェンジについて、「クルマは年々重くなってきていますが、それが初めて軽くなったというのが技術的な大きな特徴です」とは商品企画部担当課長の天野一登さんの弁。

「アルミを20%ほど使って、15%ほどボディが軽くなりました。日本仕様で比較をすると約20kg軽量化です。ただし新型にはこれまでなかったレザーシートやBOSEサウンドシステムを搭載したうえでの数字です」。

さらに、「(軽量化以外の要因も含めて)2割ほど燃費が良くなりましたので、航続距離はそのままに、ガソリンタンクの容量を少なくできました(80リットルから65リットル)」。

先代アバントユーザーでもある天野さんは、「この軽量化は先代から乗り換えると顕著に感じられます。“ひらり感”というか、クルマのアジリティが上がったというのを感じることが出来、これが軽量化なんだなと実感しました」と語った。

アウディA6アバント《撮影 内田俊一》 アウディA6アバント《撮影 内田俊一》 アウディA6アバント《撮影 内田俊一》 アウディA6アバント《撮影 内田俊一》 アウディA6アバント《撮影 内田俊一》 アウディA6アバント《撮影 内田俊一》