12日午後1時10分ごろ、京都府京都市東山区内の市道で、赤信号を無視して交差点へ進入した軽ワゴン車が、横断中の歩行者多数をひき逃げする事故が起きた。クルマは暴走を続け、約200m先で電柱に衝突して中破。運転者も死亡している。

京都府警・東山署によると、現場は京都市東山区四条通大和大路西入中之町付近。軽ワゴン車は約50m南側の大和大路通りで前走するタクシーに追突。その後に加速しながら四条通りとの交差点に赤信号を無視して進入。歩行者多数を弾き飛ばしながらさらに暴走を続け、北に約200m進んだ京都市東山区元吉町付近で道路右側の電柱に衝突した。

この事故で歩行者13人が病院へ収容されたが、うち7人が全身や頭部強打でまもなく死亡。運転していた30歳の男も腹部などを強打し、収容先の病院で死亡している。

その後の調べで、男にはてんかんの症状があったことが判明。医師は男に対して運転を控えるように指導していたこともわかった。

クルマにはコントロールの形跡がみられることから、警察では「てんかん発作の症状が起きていた可能性は低い」として、殺人と殺人未遂容疑で調べを進めている。