トナミホールディングスは16日、第一貨物、久留米運送との3社合弁による新会社の設立について、基本合意に達したと発表した。

3社は、従前より業務提携による輸送ネットワークを補完し、物流サービスの充実・強化に取組んできた。今回、輸送能力の安定的確保や安全・良質な物流サービスの提供など、共通課題の解決を図るため、一般貨物自動車運送事業を運営する新会社の設立を決定した。

新会社名はジャパン・トランズ・ライン。資本金は6000万円で、出資比率は、トナミホールディングス40%、第一貨物40%、久留米運送20%。営業開始は2012年8月中旬の予定。