鬼怒川ゴム工業は、年金運用のうち、鬼怒川ゴム工業企業年金基金がAIJ投資顧問に運用委託していた年金資産の全額を2012年3月期に一括して損失処理すると発表した。

当該期の連結及び個別決算における特別損失の計上額は10億5300万円。

また同社は、最近の業績動向等を踏まえ、一部の連結子会社において今後の課税所得が見込める状況になったことなどにより、連結で繰延税金資産を計上することも合わせて発表した。計上する金額は、法人税等調整額6億円程度となる見込み。

2012年3月期通期業績予想については、変更なしとした。