Coppa di Koumi 2012開催《撮影 内田千鶴子》

「Coppa di koumi 2012」が14〜15日に、長野県南佐久郡小海町を中心に開催された。主催はコッパディ小海実行委員会。クラシックカーのロードイベントでは、老舗中の老舗といえるCoppa di Koumiも22年目を迎えた。

昨2011年は震災の影響で、春から秋に開催時期を変更し、その後半年ほどで今回の開催となったことと、また、同日に複数のクラシックカーイベントが重なってしまったことが要因で、55台のエントリー数と少し寂しい開催であった。

しかし、内容は非常に濃く、戦前のブガッティ『T57』やフレイザーナッシュBMW『328』から、Coppa di Koumiではおなじみのイタリアの虫たちまで、素晴らしいクラシックカーが集合した。

イベント初日は、残念なことに朝から雨。しかも午後からは雪に変わり、後半のコースは一部キャンセルとなってしまった。このような悪天候の中で、約200kmもの道のりを、ヒーターはおろか幌すらないクラシックカーを駆りながら、「こういう天気も時にはあるよね」と、みな凍えながらも楽しんでいたようである。

翌日の日曜日は快晴に恵まれ、参加者たちは、前日の分も取り戻そうと、屋根を開けられるものは開け、そうでないものも窓を全開にして気持ちよいワインディングロードを満喫していた。

主催者によると、来年のCoppa di Koumiは、天候の影響を少しでも減らすことを目的に、これまでの4月の第2週から、第3週の週末に移すことを検討するという。

先導車はフェラーリカリフォルニアが務めた。ドライバーは元ラリードライバーの篠塚建次郎《撮影 内田俊一》 ポルシェ911Sも雨の中をスタート《撮影 内田俊一》 雪の中、ゴールを目指すフレイザーナッシュBMW328《撮影 内田俊一》 アバルトOT1300も雪の中を走る《撮影 内田俊一》 快晴の日曜日、まずはヒルクライムから。シアタアミカがトライ中《撮影 内田千鶴子》 ブガッティT57もヒルクライムに挑む《撮影 内田俊一》 アルファロメオジュリアSSもヒルクライム中《撮影 内田俊一》 こういうシーンによく似合うランチアフルヴィアHF《撮影 内田俊一》 ディーノ246GTもヒルクライム中《撮影 内田俊一》 こういうイベントには珍しい、シトロエンSM。エンジンはマセラティ製である。《撮影 内田俊一》 ゴールへ向かう参加者たち《撮影 内田俊一》