マックメカニクスツールズ 第2回代理店会議のようす《撮影 土屋篤司》

テクノイル.ジャポンK.K.(MOTUL総輸入販売元)のグループ企業であるマックメカニクスツールズ(MAC-TOOLS輸入元)は、電動工具メーカーStanley Black&Decker社傘下のDeWALTブランド商品について販売権を取得したと発表した。

マックメカニクスツールズは15日、第2回代理店会議を開催した。国内では工具を搭載した移動店舗販売車両を使用し、プロメカニックや整備工場に対する直接訪問販売と、アフターサービスを行う「バン・セリング・システム」の運営、通信販売などを行なっている。

DeWALTは、自動車など輸送機器向け商品のブランド。欧州ではMOTULブランドと連携してモータースポーツのスポンサーなどとしての取り組みがある。DeWALT製品をマックメカニクスツールズの販売網に展開することで、DeWALT製品の拡販とマックメカニクスツールズの製品ラインアップの拡充につなげる。

マックメカニクスツールズ 第2回代理店会議のようす《撮影 土屋篤司》 マックメカニクスツールズ 第2回代理店会議のようす《撮影 土屋篤司》 マックメカニクスツールズ 第2回代理店会議のようす《撮影 土屋篤司》 マックメカニクスツールズ 第2回代理店会議のようす《撮影 土屋篤司》 マックメカニクスツールズ 第2回代理店会議のようす《撮影 土屋篤司》 マックメカニクスツールズ 第2回代理店会議のようす《撮影 土屋篤司》 マックメカニクスツールズ 第2回代理店会議のようす《撮影 土屋篤司》 マックメカニクスツールズ 第2回代理店会議のようす《撮影 土屋篤司》 マックメカニクスツールズ 第2回代理店会議のようす《撮影 土屋篤司》 マックメカニクスツールズ 第2回代理店会議のようす《撮影 土屋篤司》 マックメカニクスツールズ 第2回代理店会議のようす《撮影 土屋篤司》