アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》

アウディ『A6アバント』がフルモデルチェンジした。そのポイントは大きく3つ。まずはデザイン。そして、コンフォート性と機能性の両立。最後に、環境性能とスポーティパフォーマンスの両立だ。

“美しくなければアバントではない”というように、エクステリアデザインは非常にきれいにまとめられている。しかし、ラゲッジルームを犠牲にはしていないと話すのは、商品企画部担当課長の天野一登さん。「リアシートを倒した時には先代より約20リットル大きく1680リットルなっています」という。

さらにオプションではあるが、バーチャルペダル付きオートマチックテールゲートが装着された。「荷物を両手で持っているときに、足先をちょっとバンパー下に入れるとリアゲートが開くもので、非常に便利な機能です」。

環境性能においては、エネルギー回生システムを採用。「減速するときのエネルギーを電気に変えてバッテリーに貯め、加速時にオルタネーターを使わずにバッテリーの電気を使うシステムで、オルタネーター駆動時のパワーロスを防ぐことが出来ました。また、電動パワーステアリングや、7速Sトロニックの組み合わせで燃費が19%から22%程度向上しています」(天野さん)。

その結果、「エンジンは全て6気筒を搭載し、減税対象です。またクワトロシステムや、レザーシート、BOSEサラウンドシステムや18インチアルミが標準で装着されているので、非常に競争力ある価格となりました」と自信を見せた。

アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》 アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》 アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》 アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》 アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》 アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》 アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》 アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》 アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》 アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》 アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》 アウディ A6アバント《撮影 内田俊一》