三菱自動車 益子修社長《撮影 益田和久》

三菱自動車は、『i-MiEV』に搭載されていた使用済み電池を蓄電池として活用する「M-tech Labo」を公開した。

EVに使用された電池を、蓄電池などとしてリユースする手法が確立すれば、車載用電池の残存簿価を試算することができるようになる。結果としてEVの価格を低減できる可能性が生まれるが、これについて益子修社長は「その考えは今日で言えばイエスだが、明日はわからない」と話した。

「電池の技術進化もあるため、数年後に今のi-MiEVに搭載している電池がどのくらいの残存簿価を持つか、ということは見通しが立ちにくい。EVの価格については、電池のコスト全体を下げていくということの方が大きな課題だ」という。

「そして電池をいかに再利用するか。今回の実証実験を皮切りに再利用の道が開ければと考えている」とした。