新型レクサスES350(ニューヨークモーターショー12)

4日、米国で開幕したニューヨークモーターショー12。レクサスのブースの主役は、新型『ES』が務めた。

レクサスESは80年代後半、トヨタ『カムリ』のプラットフォームをベースに開発されたFF車。日本でもトヨタ『ウィンダム』として販売された。ウィンダムは2006年をもって廃止されたが、北米向けには06年4月、5代目レクサスESが登場。現在は北米や中国で販売されており、米国市場においてはレクサスの最量販車に君臨している。

ニューヨークモーターショー12では、その6代目モデルがワールドプレミア。ESとしては初設定のハイブリッド、「ES300h」に注目が集まるが、通常のガソリン車で、販売の主力車種の「ES350」も大きな進化を遂げている。

新型の外観のハイライトは、スピンドルグリルの採用だろう。新型『GS』から導入が開始されたレクサスの顔は、北米では、『LX』(トヨタ『ランドクルーザー200』)のレクサス版)、『RX』と採用車種を拡大。新型ESもスピンドルグリルを得て、従来よりも明確な個性を打ち出した。

新型のボディサイズは、全長4895×全幅1820×全高1450mm、ホイールベース2820mm。先代比でホイールベースは45mm延長され、後席乗員のゆとりが増した。プレミアムセダンにふさわしいクオリティも、さらに追求されている。

搭載エンジンは、3.5リットルV型6気筒ガソリン。トランスミッションは6速ATだ。レクサスは現時点ではエンジンスペックを公表していないが、新型トヨタ『カムリ』用と共通と推測される。カムリのエンジンスペックは、最大出力は268ps、最大トルクは34.3kgm。

走行面では、ボディ剛性の引き上げや、サスペンションやステアリングシステムの変更により、ハンドリング性能を向上。先代比で約40kgの軽量化も施されている。

新型レクサスES350 新型レクサスES350 新型レクサスES350 新型レクサスES350 新型レクサスES350 新型レクサスES350