東京モーターショー11最終日、会場のようす

日本自動車工業会は、「第43回東京モーターショー2013」を前回より会期を10日前倒しし、2013年11月22日から12月1日までの期間(一般公開は11月23日から)、東京ビッグサイトで開催すると発表した。

東京モーターショー2013は、引き続き、乗用車・商用車・二輪車・カロッツェリア、部品・機械器具関連製品、自動車関連サービスを含む総合ショーとして開催する。

24年振りに会場を東京に移し開催した前回(2011年)の東京モーターショーは、すべての国内メーカー14社・15ブランド、海外から21社・25ブランドが参加し、ワールドプレミアが53モデル登場するなど国際ショーにふさわしい内容となった。また、主催者テーマ事業「SMART MOBILITY CITY 2011」ではクルマ、都市、人々の暮らしに結びつく最先端技術を発信。その結果、総入場者数は前回比37%増の84万2600人を記録し、一日当たりでは、第40回ショー(2007年)をも上回った。

第43回東京モーターショー2013では、前回ショー同様、「技術立国・日本」を象徴する展示会として、世界一のテクノロジー・モーターショーのイメージ定着を目指す。

出展募集は10月中旬より開始し、募集締切は2013年2月上旬の予定。

東京モーターショー11会場となった東京ビッグサイトイメージ画像 フォルクスワーゲン コンパニオン(東京モーターショー11)《撮影 池田忍》 グッドイヤー コンパニオン(東京モーターショー11)《撮影 池田忍》