被災地ではすぐに登録できる中古車の需要が高まった(写真:ジャパンオート 仙台)《撮影 土屋篤司》

日本自動車販売協会連合会が発表した2011年度(2011年4月〜12年3月)の中古車登録台数は前年度比1.0%減の385万4532台と6年連続のマイナス。

東日本大震災の影響で新車の供給が遅れた影響で、下取り車の流通も減少、統計を取り始めてから3年連続で過去最低を更新した。

車種別では乗用車が同0.7%減の335万4735台と小幅なマイナスとなった。このうち、普通乗用車が同0.2%増の158万5142台と微増ながら前年を上回ったものの、小型乗用車が同1.5%減の176万9593台と前年を下回った。

貨物車は同2.7%減の40万4324台だった。うち、普通貨物車が同3.2%減の16万8987台だった。小型貨物車が同2.4%減の23万5337台だった。

バスが同2.0%減の1万3705台となった。