キャス・キッドソンなど若者に人気のブランドを展開するフリーズショップ《撮影 大野雅人》

港町・清水の山奥にショッピングモールが出現、若者のブランドが集まる施設内を、地元のおじいちゃんおばあちゃんたちが闊歩した。新東名のSA・PAでは、一般道側に出入口と駐車場を整備、地域住民と高速道路利用者の施設共有を目指している。

静岡市清水区の北部、小河内(こごうち)と呼ばれる集落の山間に、新東名清水PAが建設された。清水区内では“現東名”が海岸側を走るのに対し、新東名は海岸線からおよそ5km山側を貫いている。

「くるまライフ・コミュニティーパーク」がコンセプトの清水PAは、上下線共有の上下集約タイプで、一般道側からも入出場が可能なゲートが設けられていて、周辺地域住民の施設利用も可能となっている。

14日開通を前に公開された同PAは、地元の人たちで混み合った。バスで訪れた80代の女性は「山奥にこんなハイカラな建物ができるなんて……」ともらす。

地元のおじいちゃんおばあちゃんは、ビームスが手がけるカフェ「レムソンズ」1号店や、高速道路初出展となるアパレル・雑貨の「フリーズショップ」(サンエー・インターナショナル)などに興味津々のようす。

フリーズショップの関係者は「利用は高速道路利用者が9割、地元の方が1割と見込んでいるが、こうした地元のおじいちゃんおばあちゃんが孫のために、例えばキャス・キッドソンなどの若者に人気のブランドを買ってあげる、などを想定している」と話していた。

清水港が広がる清水中心部と清水PAは、国道1号・52号を通ってクルマで約40分の距離。高速道路施設としてだけでなく、地元の新たな大型商業施設として賑わいそうだ。

国道52号(身延道)から清水PAへは、新たに整備されたアプローチ道を登ることに《撮影・作図 大野雅人》 一般道側からの清水PA入場ゲート《撮影 大野雅人》 清水港と清水PAは国道1号・52号を通ってクルマで約40分ほどの距離《撮影・作図 大野雅人》 清水港と清水PAは国道1号・52号を通ってクルマで約40分ほどの距離《撮影・作図 大野雅人》 由比付近の“現東名”はJR東海道線とともに海岸線をゆく《撮影 大野雅人》 本線側から清水PA(ネオパーサ清水)を眺める《撮影 大野雅人》 女性用トイレは周囲に個室を配置する新しいスタイルに《撮影 大野雅人》 本線側から施設を眺める。右が下り線駐車場、左が上り線駐車場《撮影 大野雅人》 清水PAは富士山と清水港の海が眺められる展望台がある《撮影 大野雅人》 清水区の山間をゆく本線も展望台から眺められる《撮影 大野雅人》 清水区の山間をゆく本線も展望台から眺められる《撮影 大野雅人》 一般道側の駐車場の脇にヘリポートもある《撮影 大野雅人》