東洋紡績は、北米でのエアバッグ事業の強化のため、米国内にエアバッグ用基布の販売会社を設立すると発表した。

同社はこれまで、国内、タイ、中国でエアバッグ用基布を製造し、日系自動車メーカーを中心に販売。今回、米国ミシガン州に100%出資の販売会社を設立し、同社品質管理のもと、米国のPolyamide High Performance(PHPI社)が設立する子会社で製造した基布を販売する。

新販売会社の社名は、「TOYOBO INDUSTRIAL MATERIALS AMERICA」で、資本金は900万米ドル(約7億2800万円)。7月をめどに試験生産を開始し、12月をめどに日系を中心とした現地自動車部品メーカーに販売する予定。

同社のエアバッグ事業は、国内、タイに加え、2012年4月には中国の製造・販売拠点が本格的に稼働する予定で、今回の北米拠点を加えた、グローバル供給体制の構築を目指す。