シボレー・セイル

中国汽車工業協会は11日、中国における3月の新車販売の結果を明らかにした。商用車と輸出を含めた総販売台数は183万8600台。前年実績を2か月連続で上回ったものの、前年同月比は1%増と2月の24.5%増から鈍化した。

183万8600台の内訳は、乗用車が前年同月比4.5%増の140万台。一方、商用車は43万8600台にとどまり、前年同月比は8.8%減と、2月に続いて前年実績を割り込んだ。

メーカー別の3月販売実績では、GMが3月としては過去最高の25万7944台を販売。前年同月比は10.7%増と、2か月連続で前年実績を上回る。上海GMでは、シボレーブランドが11.1%増の5万4716台をセールス。小型車の『セイル』シリーズが55.5%増の2万0085台と牽引役を果たす。

中国の2012年1〜3月新車販売は、前年同期比3.4%減の479万2700台と前年実績を下回った。減速傾向は鮮明となり、各社は値引き競争で販売台数を伸ばそうと躍起になっている。