米国ミシガン州ウォーレンのGMテクニカルセンター内バッテリー研究所(参考画像)

11日朝、米国ミシガン州のGMのバッテリー(二次電池)の研究所で爆発事故が発生。従業員1名が重体となっている。

GMの発表によると、この事故は11日の午前8時45分ごろ起きた。ミシガン州ウォーレンのGMテクニカルセンターの研究所において、バッテリーのテスト中に爆発が発生。従業員5名が病院に搬送され、うち1名が重体だという。

爆発事故の原因は不明。現在、当局とGMが調査している段階だ。

なおGMは、「この爆発事故はシボレー『ボルト』や他の市販車用バッテリーとは無関係」と説明。「事故は研究開発中のプロトタイプバッテリーの試験中に起きた」とコメントしている。