サントリーとトヨタが設立する合弁会社トヨタサントリーミドリエ(上海)園芸

サントリーホールディングスの100%子会社であるサントリーミドリエとトヨタ自動車は11日、中国での環境緑化事業において協力することを発表した。

同事業は合弁会社「トヨタサントリーミドリエ(上海)園芸」を通じて行う。合弁会社の資本金は、19万6000米ドル(約1583万円)で、サントリーミドリエが約51%、トヨタが約49%出資する。まずは両社が保有する環境緑化向け資材、植物を販売し、2013年を目処にサントリーミドリエの資材とトヨタの環境緑化植物を融合した共同開発商品の中国市場投入を目指す。

サントリーミドリエは独自素材「パフカル」を開発・販売しており、壁面緑化を中心に、すでに中国で緑化ビジネスを手がけている。一方トヨタは、日本国内で「キルシェレッド」など地球環境に貢献する多数の環境緑化植物を開発、販売している。両社が協業することで、豊富な商品ラインアップと強固な営業マーケティング力が実現されるとしている。

中国では都市部を中心に緑化への需要が高まっており、まずは、トヨタサントリーミドリエの所在地である上海市を中心に営業し、順次事業範囲を拡大。売上は、2015年までに10億円以上を見込む。