8日午前9時30分ごろ、新潟県上越市内の民家敷地内で、発進した乗用車の前方にたっていた1歳の女児がはねられる事故が起きた。女児は収容先の病院で死亡。警察は女児の父親で、クルマを運転していた36歳の男性から事情を聞いている。

新潟県警・上越署によると、現場は上越市大潟区土底浜付近にある民家敷地内。36歳の男性が乗用車を発進させようとしたところ、前方に立っていた1歳の女児に衝突した。

女児は転倒した際に頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、事故から約2時間後に脳挫傷が原因で死亡している。

警察では男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いているが、調べに対しては「気づかなかった」などと話しているようだ。