ボルボV60

ボルボ・カーズ・ジャパンは11日、『V60』『S60』『XC60』『V70』など6車種の前部座席下部配線に不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2011年6月27日〜12年3月17日に輸入された3925台。

フロントシートの座席下部配線の取り回しが不適切なため、シートを前後に移動操作した際に、床面に取り付けてあるオーディオアンプ等に接触して配線に負荷がかかる。その結果、接続不良を起こしてメーター内の乗員保護装置(SRS)警告灯が点灯、衝突時にフロントおよびサイドのエアバッグが作動しないおそれがある。

全車両、フロントシート・ハーネスを点検し、該当する場合にはハーネスの取り回しを修正し固定する。

不具合発生はなく、本国メーカーからの情報でわかった。事故は起きていない。

ボルボS60 ボルボXC60 ボルボV70 改善箇所説明図