セーフティトレーニングのイメージ

日本自動車工業会は、日本自動車連盟(JAF)、全日本交通安全協会との共催で、一般ドライバーを対象にした参加体験型の一日安全運転実技講習会「セーフティトレーニング」と「シニアドライバーズスクール」を5月3日から2013年3月18日までの間、全国で開催する。

普通免許所持者を対象としたセーフティトレーニングは、5月3日の京都を皮切りに、11月末までの間、北海道から九州まで全国37会場で順次開催する。

車の特性や性能の限界などを理解することで、実践的な安全運転技能の向上を図るのが目的。2011年度は606人が参加し、参加者数累計は1万人以上に上っている。カリキュラムは、運転の基本確認をはじめ、ストレート・オフセットスラロームや反応ブレーキ・コーナリング特性体験など、実際の交通場面に対応した内容。

先進安全技術体験コースについては、先進安全自動車を体験するASVコースを18会場、横滑り防止装置を体験するESCコースを14会場で実施する。

シニアドライバーズスクールは、5月20日の広島を皮切りに、2013年3月18日までの間、北海道から九州まで全国27会場で開催する。自分の運転特性と心身機能を再認識し、安全運転に役立ててもらうことが目的。対象は、50〜64歳の高齢移行期を含む高齢者ドライバー。昨年は358人が参加し、これまでに累計6000人以上が体験している。

カリキュラムの内容は、車の点検・運転姿勢・車の死角確認・エアバッグ作動実験、滑りやすい路面でのABS体験、交差点での安全な右折方法、見通しの悪い交差点の安全な通過方法など。

「スーパー・シニアドライバーズスクール」では、運転歴30年以上のベテランドライバーを対象に、高齢ドライバーのための交通安全運転教育プログラム「いきいき運転講座」の座学とデモを組み合わせた体験や、プリクラッシュセーフティ、横滑り防止装置など、先進安全技術の試乗体験を導入したカリキュラムを18会場で予定している。

2011年のシニアドライバーズスクールの様子