日立製作所は11日、日立産機システムと共同で、モーターの鉄心にレアアースを含んだ磁石を用いない、11kW高効率永久磁石同期モーターを開発したと発表した。

両社は、2008年にレアアースを用いないモーターの基礎技術を確立していたが、大容量化と高効率化を図るため、構造の最適化や鉄心の損失低減などの応用技術を開発。中型容量クラスである11kWモーターへの適用を実現した。

今回開発したモーターは、心臓部である鉄心に鉄基アモルファス金属を採用。従来モーターの体格以下で国際電気標準会議(IEC)の効率ガイドラインの最高水準であるIE4に適合するエネルギー効率約93%を達成した。

両社は今後も技術開発を進め、2014年度に製品化をする予定。