日本自動車輸入組合が発表した2011年度(2011年4月〜12年3月)の輸入車中古車登録台数は、前年度比3.3%増の49万5690台と6年ぶりに前年を上回った。

車種別では乗用車が同3.4%増の47万4422台。普通乗用車が同3.2%増の38万7535台、小型乗用車が同4.5%増の8万6887台と、いずれも堅調だった。

トラックは同8.2%増の1万4657台と大きく伸びた。特殊用途車は同14.7%減の6436台と2桁のマイナスだった。