トヨタ・ピクシススペース

トヨタ自動車は、軽乗用車『ピクシス・スペース』を一部改良し、4月10日より発売を開始した。

今回の一部改良では、燃焼効率の向上やエネルギーロスの低減を図ったエンジンを採用したほか、従来「X」、「カスタムG」に設定のアイドリングストップシステム「エコアイドル」に、停車直前(車速約7km/h)からエンジンを止める機能を追加した上、全車に設定を拡大するなど、環境性能を高めている。

具体的には、2WD車で26.0km/リットル、4WD車で24.0km/リットルの低燃費(JC08モード・カスタムRSを除く)を実現し、2WD車は「2015年度燃費基準+20%」を、4WD車は「2015年度燃費基準+10%」を達成。「カスタムRS」においては、2WD車で燃費は22.2km/リットル、4WD車で21.4km/リットルを実現し、「2015年度燃費基準」を達成。すでに認定を取得している「2015年排出ガス基準75%低減レベル」とあわせ、全車、「環境対応車 普及促進税制」の減税措置の対象となる。

また、全車のリヤコンビネーションランプにLEDストップランプを採用したほか、「カスタムG」には6スピーカーパック(16cm 4ドアスピーカー&ツィーター)を標準装備している。

ピクシス・スペースは、ダイハツの『ムーヴ・コンテ』がベースのOEM供給車。価格は据え置きで112万円から。