アキュラNSXコンセプト(クーペ。デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

ホンダの中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は10日、中国・北京にて中国事業の中期戦略を発表した。

同社は、中期戦略の骨子として「ホンダ商品の強化」「アキュラ商品の強化」「研究開発の強化」などを挙げた。

ホンダ商品の強化では、来年から2015年までの3年間で10機種以上のフルモデルチェンジ、新機種投入を予定。商品ラインアップの充実により、販売を着実に増加させ、2015年の販売台数を昨年実績からの倍増を目指す。

アキュラ商品の強化では、高効率・高出力のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を採用した新型『NSX』を中国に投入。また、今年発売する小型セダン『ILX』、小型SUV『RDX』をはじめ、『RLX』についても来年発売を予定し、商品ラインアップの強化を図る。

研究開発の強化では、中国デザインスタジオの設立を検討。合弁会社の研究開発チーム、中国のホンダ開発チーム、日本の研究所が協力し、中国における研究開発能力の大幅な増強を目指す。

アキュラRLXコンセプト(ニューヨークモーターショー12) 新型アキュラRDX(シカゴモーターショー12) アキュラの新型コンパクトセダン、ILX(シカゴモーターショー12)