トヨタ豊田章男社長

トヨタ自動車の豊田章男社長は9日、本社テクニカルセンター(愛知県豊田市)での記者会見で「トヨタでは部門ごとにそれぞれ再出発の日を決めて、毎年振り返ることにしているんです。私の再出発の日は2月24日なんです」と述べた。

このきっかけになったのが、2009〜10年に発生した大規模リコール問題だ。この問題は世界中に波及し、トヨタは大きなピンチに立たされた。そこで、トヨタでは品質問題を忘れないようにすべてを見つめ直そうと、それぞれの部門が再出発する日を決めることになったわけだ。

そして、豊田社長は10年2月24日に米国下院公聴会で証言台に立った時のことを思い出す意味を込めて、2月24日を再出発の日にした。毎年その日がくると、豊田社長は品質のことを含めて、お客に喜んでもらえる車を本当に提供できているかをじっくり考える。

「大変なスピードで環境が変化する時代は、今起こっていることや目に見えていることだけでなく、これから起こるであろう変化も補足する必要があります。変化を起こすのはお客様で、それをしっかり見つめることで変化に対応できると考えています」と強調していた。