新型BMW M6カブリオレ(ニューヨークモーターショー12)

4日、米国で開幕したニューヨークモーターショー12。BMWブースの主役は、新型『M6コンバーチブル』(日本名:『M6カブリオレ』)が務めた。

BMWは、3月のジュネーブモーターショー12において、新型『M6クーペ』をワールドプレミア。そのオープンバージョンは1か月遅れて、オープンカーの最大市場、米国で初公開するという戦略だ。

新型M6カブリオレは、新型『6シリーズカブリオレ』をベースに、BMWの子会社で、『M3』や『M5』の開発・生産を手がけるBMW M社が、高性能化を図ったモデル。6シリーズカブリオレ同様、電動ソフトトップが装備される。

また新型では、軽量化を追求。ドアやボンネットはアルミ製で、サイドパネルには熱可塑性樹脂を使用する。トランクやソフトトップ格納カバーには、SMCと呼ばれるグラスファイバー複合素材が使われた。

搭載エンジンは、新型『M5』譲りの直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。最大出力560ps/5750-7000rpm、最大トルク69.3kgm/1500-5750rpmという圧倒的パワーを引き出す。

トランスミッションは、7速Mダブルクラッチ。0-100km/h加速は4.3秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の実力だ。Mドライバーズパッケージでは、リミッターの解除が可能。この時の最高速は、305km/hに到達する。

新型BMW M6カブリオレ(ニューヨークモーターショー12) 新型BMW M6カブリオレ(ニューヨークモーターショー12) 新型BMW M6カブリオレ 新型BMW M6カブリオレ 新型BMW M6カブリオレ 新型BMW M6カブリオレ 新型BMW M6カブリオレ 新型BMW M6カブリオレ