新東名清水PA ネオパーサ清水(NEOPASA)に出店したクシタニ《撮影 中島みなみ》

ライディングウエアなどバイク用品の製造販売を手がける「クシタニ」が10日、新東名清水PA(静岡市清水区小河内)の商業施設ネオパーサ清水(NEOPASA)で、ライダーの集いを開催する。

「KUSHITANI COFFEE BREAK MEETING」は毎月、全国各地で開かれている。今回は同地への出店を記念して行うもの。新東名開通直前に同日14時から開催されるネオパーサ清水の内覧会にあわせた。開通前のイベントに、ライダーの注目を集めている。

参加は自由だが、開通前のため、新東名を走ることやPAの店舗内に入場はできない。

会場となるPA敷地内の屋外「イベントスペース」には、高速道路利用者以外がSA・PAを利用する場合に一般道から出入りすることができるゲート「ぷらっとパーク」からPAに入る。

会場では総合カタログの無料配布や新作ウエアなどのフィッティングなどが企画される。

高速道路の施設で、こうしたイベントが開通前に開催されるのは、珍しい。

また、清水PAでは、4月22日から毎月1回、クシタニが提供するライディング・スタディが開催される。講師は30年以上の経験を持つバイクジャーナリストの柏秀樹氏。ブレイク・ミーティングと同じイベントスペース内に会場を特設し、実際にオートバイを使って運転技術を学ぶ。初回のスタディの締め切りは4月16日。

高速道路の施設で、安全のための講習会が開催されることも、これまでになかったことだ。

14日の開業が待たれる清水PA、ネオパーサ清水《撮影 中島みなみ》