ヒュンダイ 新型サンタフェ(ニューヨークモーターショー12)

4日、米国で開幕したニューヨークモーターショー12。韓国のヒュンダイモーターのブースでは、2種類の『サンタフェ』がワールドプレミアを飾った。

初代サンタフェはヒュンダイの中型クロスオーバー車として、2000年に登場。2代目モデルは、2005年にデビューした。欧州市場には、『ix45』の名前でリリースされているグローバル車で、累計世界販売台数は256万台に到達する。

そのサンタフェの3代目モデルが、ニューヨークモーターショー12でデビュー。従来の2列シートモデルが、新型では『サンタフェ スポーツ』にネーミングを変更。一方、新型で初設定の3列シートのロングホイールベース仕様が、従来と同じサンタフェの名前で登場した。

このロングホイールベース仕様、ボディサイズは全長4905×全幅1885×全高1690mm、ホイールベース2800mm。ショート版のサンタフェ スポーツよりも、ホイールベースは100mm、全長は215mm延長されており、この部分は3列目シートの空間に充てられた。

サンタフェ スポーツのエンジンは、2.0リットルターボ(最大出力264ps)と、2.4リットル自然吸気(最大出力190ps)と、共に4気筒ガソリン。一方、ロング版のサンタフェでは、重量増に対応して、最大出力290psを発生する3.3リットルV型6気筒ガソリンが専用設定されている。

ヒュンダイ 新型サンタフェ(ニューヨークモーターショー12) ヒュンダイ 新型サンタフェ(ニューヨークモーターショー12) ヒュンダイ 新型サンタフェ(ニューヨークモーターショー12) ヒュンダイ 新型サンタフェ(ニューヨークモーターショー12) ヒュンダイ 新型サンタフェ(ニューヨークモーターショー12) ヒュンダイ 新型サンタフェ(ニューヨークモーターショー12)