三菱ふそうスーパーグレート(左下)とファイター

三菱ふそうトラック・バスは、安全性と経済性を向上させた大型トラック『スーパーグレート』と中型トラック『ファイター』を、4月9日より発売を開始した。

今回発売する両車は、全車で2012年7月に施行される安全規制に適合。また新たに、アクセルとブレーキが同時に操作された際にはブレーキが優先される、新開発のブレーキオーバーライドシステム(BOS)を標準装備することで、万が一の誤操作に対応した。

スーパーグレートには、後続車との衝突を抑制するためのESS(緊急制動表示灯)を全車標準装備し、安全性を向上させた。また経済面では、低燃費技術を搭載した大型トラックのコンセプトモデル『FUEL EFFICIENT TRUCK』に搭載している、新開発の「ドラッグフォイラー」と「リヤスポイラー」をLIMITED車に標準装備することで、未装着車に比べ最大で5%の燃費向上を実現した。

新型車は、自動車重量税と自動車所得税が最大50%減税となる「新エコカー減税」対象モデル。価格はスーパーグレート(QKG-FS54VZ)が2086万7000円、ファイター(TKG-FK64F)が780万8300円。