JX日鉱日石金属は9日、子会社のJX金属敦賀リサイクル構内において、使用済みリチウムイオン電池等からのレアメタルリサイクル設備などを竣工したと発表した。

今回同社が竣工したのは、「使用済みリチウムイオン電池等からのレアメタルリサイクル設備(LiBリサイクル設備)」、「使用済み小型家電等処理設備(定置炉)」の能力増強、「レアメタル含有汚泥からのレアメタル(インジウム・コバルト)リサイクル設備(In・Coリサイクル設備)」。

今回の設備竣工で、使用済みのリチウムイオン電池や小型家電等の基板類・電子部品、電子材料の製造工程から発生する排水汚泥などに含まれるレアメタルの回収能力を増強。レアメタルの安定供給確保と循環型社会の構築を目指す。