米国カリフォルニア州のCARTEL Customs社が手がけたサイオンFR-S(日本名:トヨタ86)のワンオフオープン

トヨタ自動車が発売したばかりの新型FRスポーツカー、『86』。同車のオープンバージョンが、米国に出現した。

これは7日、カリフォルニア州で行われた2012年シーズンのフォーミュラドリフト開幕戦での出来事。同レースではトヨタ86の米国仕様、サイオン『FR-S』がデビューを果たしたが、そのフォーミュラドリフトの会場に突如、86のオープンバージョンが登場したのだ。

この86のオープン、カリフォルニア州に本拠を置き、サイオン各車のカスタマイズを得意とするCARTEL Customs社の作品。86のルーフを大胆にカットし、ロードスターに変身させている。

同社によると、ワンオフのショーカーとのこと。市販モデルとして、オープンバージョンの設定が噂される86だけに、そのスタイリングを先取りしたワンオフモデルといえそうだ。

サイオンFR-S(クーペ) サイオンFR-S(クーペ) サイオンFR-S(クーペ) トヨタ86《撮影 池田忍》 トヨタ86《撮影 池田忍》 レクサスIS C(北米仕様) トヨタ・カムリソラーラ・コンバーチブル(北米向け2008年型) トヨタMR2スパイダー(北米向け2005年型。日本名:MR-S) トヨタMR2スパイダー(北米向け2005年型。日本名:MR-S)