新型シボレー・インパラ(ニューヨークモーターショー12)

GMのシボレーブランドは4日、米国で開幕したニューヨークモーターショー12において、新型『インパラ』を初公開した。

インパラは、1958年に誕生したシボレーブランドの大型セダン。2006年に登場した現行モデルは、9世代目という伝統のモデルだ。米国市場では、トヨタ『アバロン』やフォード『トーラス』などと競合。2011年は年間17万1000台以上を売り上げ、米国で最も売れたフルサイズセダンの座に君臨する。

10代目となる新型は、シャシーを一新。GMの2世代目の「イプシロン」プラットフォームは、新型キャデラック『XTS』と共用する。新型インパラのボディサイズは、全長5115×全幅1854×全高1496mm、ホイールベース2837mmと、堂々の大きさだ。駆動方式は、FFが基本。

エンジンは、ガソリン3種類を設定。2.4リットル直列4気筒は、最大出力180ps、最大トルク23.8kgm。2.5リットル直列4気筒は、最大出力195ps、最大トルク25.8kgmだ。3.6リットルV型6気筒は、最大出力195ps、最大トルク25.8kgmを引き出す。なお、2.4リットルにはオプションで、「eアシスト」と呼ばれるマイルドハイブリッドが用意される。

新型インパラは、GMのカナダ・オンタリオ州オシャワ工場で生産。米国市場では2013年初頭、発売される予定だ。

新型シボレー・インパラ(ニューヨークモーターショー12) 新型シボレー・インパラ(ニューヨークモーターショー12) 新型シボレー・インパラ(ニューヨークモーターショー12) 新型シボレー・インパラ(ニューヨークモーターショー12) 新型シボレー・インパラ 新型シボレー・インパラ 新型シボレー・インパラ 新型シボレー・インパラ