日立ソリューションズ Virtual HILSシステムパッケージ

日立ソリューションズは、自動車などの制御システムの検証を分散型ソフトウェアシミュレーションで実施する「Virtual HILSシステムパッケージ」の販売を4月9日から開始する。

今回提供を開始するシステムは、ECUなどの制御ソフトウェアの動作検証を行う際に、利用する汎用のソフトウェアシミュレータなどを仮想化したバーチャルマシン上に自動で負荷分散させて実行。従来の実機を使ったハードウェアシミュレーションと比較して、約25%の時間を短縮することを可能とした。

また、ソフトウェアシミュレータを利用するため、検証に必要となる試作機が完成する前から実施することが可能となり、試作機の数を減らすことで費用削減と、動作検証にかかる全体の期間の短縮も実現している。

さらに、顧客の利用形態に応じて、日立ソリューションズのクラウドサービス「SecureOnline」と組み合わせたサービスの提供も開始し、初期投資をかけずに効率良く、検証を行うことを可能としている。

価格は、Windows版のライセンスが630万円。