BMW アクティブハイブリッド5

主婦の友しあわせ総研は、女性誌『Ray』『mina』などの読者で構成された独自調査組織「主婦の友読者ネットアンケートクラブ」の女性会員1000人を対象に「女性のクルマ選び」についてのアンケート調査を実施した。

調査の結果、男性にクルマを所有してほしいという回答は73.7%。できれば所有してほしいという回答も含めると93.7%の女性が男性にクルマを求めているという結果となった。
また、クルマを持っていることでモテ度が上がるかとの問いには83.5%の女性がポイントアップすると回答した。

男性に乗ってほしいクルマのタイプでは、エコカー、ステーションワゴン、セダンが比較的人気だった一方で、オープンカーやスポーツカーなど「デートカー」と呼ばれていた車種の支持率は低め。特にオープンカーは軽自動車・コンパクトカーよりもNGという意外な結果になった。

続いて、男性に乗ってほしい具体的な車種名を聞いたところ、『BMW』が断トツで支持されており、次に『プリウス』『ベンツ』『ランドクルーザー』『アウディ』の順に人気があった。

調査の結果、女性は派手なスポーツカーより、控え目だけれども高級感のあるBMWやメルセデスベンツといった車種が好みのよう。「目立つ自動車はドン引き」、「改造車など、クルマにお金をかけ過ぎてる人はいやだ」という意見も多く、派手なクルマで誘われるより、落ち着きを感じるクルマは、男性に誘われる女性にとって安心感につながるのかもしれないと分析している。

クルマを持っている男性に対するイメージ 男性に乗って欲しいクルマのタイプ