レンジローバー・イヴォーク(ニューヨークモーターショー12)

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は5日、ニューヨークモーターショー12の会場において、「2012ワールドカーデザインオブザイヤー」をレンジローバー『イヴォーク』に授与した。

2012ワールドカーデザインオブザイヤーは、2011年に発売された新型車の中から、優れたデザインを持つ車に授与されるもの。世界25か国64名のジャーナリストに、5人のデザインエキスパートが加わり、審査が行われた。

最終選考3台の中から、2012ワールドカーデザインオブザイヤーに選ばれたのは、レンジローバー イヴォーク。シトロエン『DS5』と、フォルクスワーゲン『up!』を抑えての栄冠だ。

ランドローバーのデザインを統括するゲリー・マクガバン氏は、「受賞は大変な栄誉。イヴォークの力強くドラマティックなデザインへのポジティブな反応に喜んでいる」とコメント。

過去の受賞車は、2006年がシトロエン『C4』、2007年が アウディ『TT』、2008年がアウディ『R8』、2009年がフィアット『500』、2010年がシボレー『カマロ』、2011年がアストンマーチン『ラピード』だった。

レンジローバー・イヴォーク(ニューヨークモーターショー12) レンジローバー・イヴォーク(ニューヨークモーターショー12)