日産セレナ

日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会、日本自動車輸入組合がまとめた2011年度(2011年4月〜12年3月)の新車販売台数は前年度比3.3%増の475万3273台と2年ぶりに前年を上回った。

東日本大震災の影響で、年前半に新車の供給が滞ったものの、後半に挽回、エコカー補助金制度の追い風もあって前年を上回った。

ブランド別で、国産ではトヨタ、ホンダ、マツダ、三菱自動車が前年割れとなった。対照的に販売台数を大幅に伸ばした日産が2位となった。ホンダは4位だった。

1位:トヨタ 136万7559台(0.5%減)
2位:日産 65万5432台(9.2%増)
3位:ダイハツ 60万5846台(5.7%増)
4位:ホンダ 60万0649台(1.3%減)
5位:スズキ 59万6000台(2.0%増)
6位:マツダ 20万5520台(0.1%減)
7位:スバル 17万8215台(7.8%増)
8位:三菱自動車 15万1337台(7.4%減)
9位:フォルクスワーゲン 5万5671台(22.1%増)
10位:いすゞ 4万9171台(12.9%増)
11位:レクサス 4万4006台(38.6%増)
12位:日野自動車 3万6912台(23.0%増)
13位:BMW 3万6814台(12.9%増)
14位:メルセデスベンツ 3万6520台(21.4%増)
15位:三菱ふそう 3万0282台(20.2%増)

トヨタ・アクア