アウディA6L(現行モデル)

アウディは4日、中国で23日に開幕する北京モーターショー12(オートチャイナ12)において、新型『A6L』を初公開すると発表した。

A6Lは、アウディ『A6』セダンをベースに開発された中国専用のロングホイールベース車。アウディの親会社のフォルクスワーゲンと第一汽車の中国合弁企業である一汽フォルクスワーゲンで現地生産されている。

現在、A6セダンはモデルチェンジを受けて新型に移行したが、中国向けのA6Lに関しては、引き続き先代がベースのまま。北京モーターショー12では、A6Lも新型に移行する。

アウディは現時点で、新型A6Lの詳細を明らかにしていない。競合するメルセデスベンツ『Eクラス』とBMW『5シリーズ』も、中国専用のロングホイールベース仕様を投入していることから、これに対抗する商品力を備えて登場すると見られる。