ロータス(F1バルセロナテスト)

ロータスF1の副テクニカルディレクターを務めていた徳永直紀が、ルノースポールへ移籍する。これは、2014年から始まる新規定エンジン開発への参加を視野に入れたものだろう。ただし、その移籍は今週末の退職となり、いささか電撃的な動きだ。

徳永は日産のレース部門出身で、2000年に車体力学の技術者としてルノーに加わり、2002年には制御システムの責任者に昇格、2010年から旧ルノー/現ロータスで手腕を発揮していた。

ロータスは徳永の後任ポストを当面空席のままとするという。テクニカルディレクターのジェームズ・アリソンは、 「私的な感情を言うと直紀がエンストン(ロータスの本拠地)を去るのはとても寂しいが、結果的にはルノースポールF1の顧客の利益になることだと理解している。直紀の12年間に及んだ多大な貢献に感謝すると同時に、新しい職場から私たちクライアントチームに強力なパフォーマンスをフィードバックしてくれることを期待している」

ロータス(F1マレーシアGP)