USSは2011年度(2011年4月〜12年3月)の中古車オークション実績を発表した。

グループ全体のオークションは、開催回数が前年度より34回少ない802回だったものの出品台数が前年度比6.2%増の225万2566台となり前年を上回った。年度後半にエコカー補助金制度の効果で新車販売が好調に推移したことなどから下取り車の流通が好調に推移した。

成約台数も同3.9%増の141万4813台と前年を上回った。成約率は前年度と比べて8.3ポイントアップして62.8%となった。

オークション会場別では福岡と年度途中で閉鎖した流通を除いて出品台数は前年を上回った。成約台数も群馬、福岡、流通を除いてプラスとなった。