スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》

メルセデス・ベンツ日本は、4月8日に茨城県日立市で開催される「第12回日立さくらロードレース」に協賛し、先導車等のオフィシャルカーの提供や参加記念Tシャツのロゴマークへの協賛をする。

同社が1992年1月に日立市に車両物流の拠点となる新車整備センターを開設して今年で20年。昨年の東日本大震災で、同センターも被災したが、昨年中に全ての補修・補強工事を完了している。

今回協賛する日立さくらロードレースは、「日本さくらの名所100選」のひとつである日立のさくらのもとを走るロードレースで、2001年から開催されている。昨年は東日本大震災の影響で中止となったが、今年は無事開催。「がんばろう日立!スポーツの力」をスローガンに、競技者から市民ランナーまで約1万5千名が参加する予定。

当日は『スマート電気自動車』2台が先導車をつとめるほか、7人乗り多目的車『Vクラス』が救護車として、同社社員がドライバーのボランティアスタッフとして大会運営に協力する。

メルセデスベンツVクラス