3日午後2時40分ごろ、大阪府茨木市内の府道で、設置されている信号機が強風に煽られて90度動き、これを交差道路側の信号と見誤ったクルマが本来の赤信号を無視して交差点に進入。出会い頭衝突する事故が起きた。午後3時ごろにも別の事故が発生している。

大阪府警・茨木署によると、現場は茨木市豊川4丁目付近。府道は南北に、交差する市道は東西に向いている。午後2時40分ごろ、府道側で南向きに設置されていた信号機1基が強い風に煽られてアームごと押される状態となり、東向きに90度動いた。

市道を東進するクルマからは本来設置されていた信号機が見えなくなり、府道側「青」の表示を市道側「青」と誤認したクルマが交差点に進入。府道を北進してきたクルマと出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故では61歳女性が打撲などの軽傷を負っている。

事故後に当事者が警察へ通報したが、同署員が現場に到着する直前だった午後3時ごろに2件目の同様事故が発生。この際には31歳の女性が軽傷を負った。信号機が正常な向きに戻されたのは、最初の事故から約4時間後だった。

事故直前、現場付近では風速20mを超える強風が吹いていたとみられ、警察ではこれが原因で信号機が動いてしまったものとみている。