メルセデスベンツCクラス

メルセデス・ベンツ日本は、2012年第1四半期のメルセデス・ベンツ新規登録台数を発表。前年同期比43.8%増の1万858台となり、第1四半期としては2008年以来4年ぶりに、1万台の大台を突破した。

同社では、好調要因として、品質と安全性やスポーティーでダイナミックなデザイン、優れた燃料効率などを挙げている。

モデル別では、2011年に発売した『Cクラス』をはじめとする新型モデルや、予防安全システム「レーダーセーフティパッケージ」を搭載した『Eクラス』が好調な販売を牽引した。

メルセデスベンツEクラス