手書き文字認識タッチパッド

TRWオートモーティブ・ホールディングスは、手書き文字認識ソフトウェアを搭載した先進的なキャパシティブ(静電容量方式)タッチパッドセンサーを発表した。

日本語にも対応するこの新しいタッチパッドは、ヒューマンマシーンインターフェース(HMI)の利点を活かして操作性や認識性能が高く、ドライバーが複雑化・多様化する車内の各種機能の調整、実行をスムーズに行える。

手書き文字認識タッチパッドは、スタンドアロン型または多機能コントロールパネルとして利用可能。ユーザーが指一本でタッチセンサーエリアに文字を書くと、ソフトウェアがこの文字を認識、音声で確認する。手書きによる数字、文字、記号を認識することができ、ドライバーはメッセージの送信や、携帯電話、カーナビ、ラジオといった各種機器の操作をすべて1か所で実行できる。

車内の各種スイッチ機能もタッチセンサーで代替できる。

また、新しいタッチパッドセンサーの特長の1つが、手書きで入力された文字を認識し、直観的、迅速に各種機器を操作できる機能。従来はローマ字変換といった入力支援が必要だったが、今回初めて漢字、ひらがな、カタカナの手書き入力も可能となった。

新しいタッチパッドセンサーは2012年から生産開始する予定。