ミサワホームは、フジプレアムと超軽量太陽電池モジュールを採用したオリジナル太陽光発電システムを共同開発し、既設の住宅用に4月10日から全国で販売する。

環境意識の高まりからリフォーム分野でも新築と同様に省エネ設備の導入や断熱性能の向上といったエコ関連のリフォーム工事のニーズが高まっている。特に注目されるのが発電の際、CO2を排出しない太陽光発電システム。既存住宅への設置では、太陽光発電システムの重量増に対して構造体の補強が必要となる場合が多く、これが普及を妨げる一因になっている。

今回両社が開発したシステムは、従来品と比べ同じサイズでも重量を約半分に軽量化、屋根材の種類に関わらず既設の住宅に設置できる。

フジプレアムの太陽電池モジュールを採用、従来品がガラス厚み3.2mmのバックシート構造であるのに対し、厚みが0.8mmの化学強化ガラスを採用することによりモジュール重量の大半を占めているガラス重量を半分に抑え、軽量化を実現。

フジプレアムのコア技術である精密貼合技術により、強度と軽さの両立に成功し、国際認証を行う第三者機関IEC(国際電気標準会議)の品質基準に基づく荷重試験及び衝撃試験をクリア「TUV認証」を取得した。

開発した超軽量の太陽光発電システムの導入費用は、1kWあたり税込56万7000円。

ミサワホームでは今回の発売により、既設の住宅で太陽光発電システムの普及率の向上に貢献し、新築住宅と同様にスマートハウス化を推進する。