ヒュンダイ・サンタフェ・スポーツ(ニューヨークモーターショー12)

韓国のヒュンダイモーターは4日、米国で開幕したニューヨークモーターショー12において、『サンタフェ スポーツ』をワールドプレミアした。従来の『サンタフェ』の後継車だ。

初代サンタフェはヒュンダイの中型クロスオーバー車として、2000年に登場。2代目モデルは、2005年にデビューした。欧州市場には、『ix45』の名前でリリースされているグローバル車で、累計世界販売台数は256万台に到達する。

そのサンタフェの3代目モデルが、北米ではサンタフェ スポーツのネーミングで登場。ヒュンダイのデザイン言語、「fluidic sculpture」(流体の彫刻)をさらに進化させ、竜巻の渦のようなダイナミックさを表現したのが特徴だ。

エンジンは、直噴ガソリン2種類。2.4リットル直列4気筒ユニットは、最大出力190ps、最大トルク25kgmを発生。米国EPA(環境保護局)予想燃費は、市街地9.78km/リットル、高速14km/リットル。ヒュンダイによると、14km/リットルの高速燃費は、米国で販売されているSUVやクロスオーバー車の中では、最も優れる数値だという。

2.0リットル直列4気筒ターボユニットは、最大出力264ps、最大トルク37.2kgm。ヒュンダイによると、3.5リットルV6エンジン搭載のトヨタ『RAV4』に匹敵するパワーを発揮しながら、パワーウェイトレシオは、クラス最高レベルだという。

ヒュンダイ・サンタフェ・スポーツ(ニューヨークモーターショー12) ヒュンダイ・サンタフェ・スポーツ(ニューヨークモーターショー12) ヒュンダイ・サンタフェ・スポーツ ヒュンダイ・サンタフェ・スポーツ ヒュンダイ・サンタフェ・スポーツ ヒュンダイ・サンタフェ・スポーツ ヒュンダイ・サンタフェ・スポーツ