ホンダ 新型ステップワゴン≪撮影 小松哲也≫

ホンダの『ステップワゴン』は一部改良でJC08モード燃費が従来の13.4km/リットルから15.0km/リットルに向上、クラストップの燃費性能となった。ホンダの野村哲也主任技師は「燃費の良いクルマを造ろうというところからスタートした」と開発の背景を明かす。

実際、従来モデルの燃費は競合車である日産自動車『セレナ』の14.6km/リットル、トヨタ自動車『ノア/ヴォクシー』の13.6km/リットルのいずれをも下回っていた(ノーマルFFタイプベース比較)。燃費の差は2011年度の販売実績にも反映されており、セレナ9万3755台、ヴォクシー5万6125台、ステップワゴン5万2104台、ノア4万2315台の順となっている。

野村主任技師は「燃費はこのカテゴリーとして、すごく重視されている」とした上で、販売面でセレナに水を開けられている現状を「燃費だと思っている。そこが一番」と認める。

このため今回の一部改良では新開発CVTおよびアイドリングストップの搭載を始め、フロントバンパーの形状変更やアンダーカバーといった空力ボディ、さらにはLEDライトの採用による省電力化といったことにより、競合車を上回る燃費性能を実現。さらに4WDモデルを含む全車が4月から施行された新エコカー減税の75%減税対象となった。

ホンダ 新型ステップワゴン≪撮影 小松哲也≫ ホンダ 新型ステップワゴン≪撮影 小松哲也≫ ホンダ・野村哲也技師長≪撮影 小松哲也≫ 日産セレナ≪撮影 小松哲也≫ トヨタ・ヴォクシー≪撮影 小松哲也≫