ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン・ブルーモーション・テクノロジー

日本自動車輸入組合が発表した2011年度(2011年4月〜12年3月)の輸入車ブランド別新車販売台数によると、フォルクスワーゲン(VW)が、前年度比22.1%増の5万5671台となり、12年連続で輸入車シェアトップとなった。

2位はタイで『マーチ』の生産を行う日産で、同24.1%増の5万1535台だった。3位はBMWで同12.9%増の3万6814台だった。

1位:フォルクスワーゲン 5万5671台(22.1%増)
2位:日産 5万1535台(24.1%増)
3位:BMW 3万6814台(12.9%増)
4位:メルセデスベンツ 3万6520台(21.4%増)
5位:アウディ 2万2348台(24.8%増)
6位:トヨタ 1万6685台(51.9%増)
7位:MINI 1万6027台(39.2%増)
8位:ボルボ 1万3083台(56.7%増)
9位:プジョー 6323台(2.7%増)
10位:フィアット 6235台(15.1%増)

タイ生産の日産マーチ