ロマン・グロージャン

ロータスF1のグロージャンはオーストラリアGPでマルドナドと接触、マレーシアGPは雨中のミスによってリタイアが重なり、今シーズンはまだ3ラップしかレース走行をしていない。

予選結果はオーストラリアが3位、マレーシアも6位と、シーズンへの期待は高いのだが……。グロージャンが語った。

「マシンのパフォーマンスが出ていることは自信を持って言えるよ。これまで2戦ともQ3まで進出できたのだから文句なしだ。フロントロウ争いにも加われたし、レースでのペースも非常に高い。次の上海に期待しているのは、まず正常なスタートと、セパンみたいな大量の雨は御免だということ。それができれば本来のリザルトを手に入れることができるだろう」

「ミスをしたらそのことは素直に認めるよ。それが自分の責任でなければ、つまりはそういうことだ。最初の2戦は悪条件が重なってリザルトにはつながらなかった。でもこれから先のレースでは良い仕事ができるという自信がある。上海が僕の本当の開幕戦だよ」

ロマン・グロージャン