マッサ(フェラーリ、F1マレーシアGP)

F1を引退し、今年からインディカーの世界にいるルーベンス・バリチェロが、同郷のフェリペ・マッサに向けて心の持ち方が大切だと説いている。
 
「問題点は彼のスピードではない。もっと内面的なところにある。目を閉じて、気持ちを楽にしてから『F1をドライブするのが好きだからやっているんだ』ということを思い出して欲しい。僕もときどきそのことを忘れて自分を見失いそうになったことがある」

「そんなときは、最高に好きなことをやれているんだ……、と自分に言い聞かせたものだ。何よりもまずリラックス、そうすれば自然に物事は上向くよ。辛いのは一瞬のことであり、F1で起きているのは人生の流転と同じことだから」

だが、その一方でバリチェロは、チームメイトのフェルナンド・アロンソがマレーシアで神がかりなドライブを見せたことが、マッサの境遇を一層困難にする可能性も指摘する。

「フェラーリとアロンソは熱愛関係にある。彼はベストドライバーだ。たった一人のベストではないにしても、そのうちの一人であることは確かだ。その意味でフェリペが乗り越えなければならないハードルは高いだろうね」

マッサ(フェラーリ、F1マレーシアGP) アロンソ(フェラーリ、F1マレーシアGP)